土台上げ工法 | UPS 株式会社

土台上げ工法

建物の基礎と土台を切り離し、建物の土台から上をジャッキを用いて持ち上げ、水平調整する工法です。

特徴

アンカーボルトの仕様や、床下のスペース、構造によっては、居住または営業しながら施工出来るかどうか変化します。 他の工法と比較して後期が短く、費用も安価です。 ※ジャッキアップするにあたって最も不随する工事が多い工法です。 基礎は不同沈下したままになります。 再沈下の第3者保証は対象外です。

画像:薬液注入工法

主な作業手順

  • 準備

    資機材の搬入や場内の養生をし、プラント設置します。

  • アンカーボルトの開放、ジャッキ設置

    アンカーボルトや、ホールダウン金物を開放し、ジャッキを設置します。

  • ジャッキアップ

    建物の水平を調整し、スペーサを設置します。

  • アンカーボルトの延長及び、締め込み

    スペーサーを柱の直下に設置し、アンカーボルトを延長し

  • モルタルの設置

    スペーサーの塗りこみと、スペーサとスペーサの間にモルタルを設置します。