耐圧版工法 | UPS 株式会社

耐圧版工法

建物の基礎下を掘削し、各所ジャッキが必要な位置の直下に耐圧版(鉄板)敷きます。これを反力板として油圧ジャッキを用いて建物を持ち上げ、水平調整する工法です。

特徴

居住または営業をしながら施工することが可能です。
掘削を人力で行うので、狭小の状況でも施工可能です。
支持地盤が浅い場合に有効です。支持地盤が深い場合でも鋼管圧入工法とくらべ費用が安価です。(支持地盤に設置しない場合は再沈下するリスクがあります。
図のように支持地盤に直接敷設した場合のみ再沈下の第3者保証が対象になる場合があります。

画像:耐圧版工法

主な作業手順

  • 準備

    資機材の搬入や場内の養生をします。

  • 掘削

    基礎下を掘削します。

  • 耐圧版の設置

    小口径鋼管を圧入し、支持台とジャッキを設置します。

  • ジャッキアップ

    建物の水平を調整します。

  • 空隙充填

    上がった隙間や、作業通路、鋼管の先端をセメント系の充填材を打設します。

  • 整地

    表土は整地し、原状復旧したら完了です。