UPS株式会社|西日本を中心に全国の構造物の沈下修正
Arrow
Arrow
Slider

Greeting

弊社ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
UPS株式会社は住宅を中心に、地盤沈下によって傾いた構造物を水平に戻すことや、
軟弱地盤に建てた建物を将来的に傾かないように地盤を補強することなどを手掛ける、職人の組織です。
UPSが大切にしているのは、お客様にベストなご提案を安価で提供することです。
ベストな提案とは主だった工法をすべて提案できること。
安価とは、その工法を自社施工でできることです。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、特殊技能につき、各種工法を自社施工で提案することは難しく、
これまでも限られた工法の中で、偏った提案をしているの何度も見てきました。
特に震災の復興では多く見られました。
また過去に我々も未熟ながら疑問を感じながら施工したこともあります。
そういった経験から、ベストな提案が出来るよう努めてきた結果です。 どんな些細な不満や不安でも構いません。
ベストな提案を安価でご提案する準備がございます。
お気軽にご相談ください。

家で生活しながら、お店は営業を続けながら、建て替えることなく傾きを直します!

症状被害

症状

基礎の亀裂・瓦の亀裂・壁のヒビ・畳の開き・窓の隙間

被害

めまいや頭痛がする、 自律神経失調症、 物件価値が下がる

UPSの工事

UPSの工事

沈下修正の工法などの紹介(箇条書き)

  • 鋼管圧入工法

    画像:鋼管圧入工法

    建物の基礎下を掘削し、各所鋼管が必要な位置の直下に小口径鋼管を油圧ジャッキを用いて押し込みます。継ぎ足しながら支持地盤まで到達させ、その反力を利用し建物を持ち上げ、水平調整する工法です。

  • 耐圧版工法

    耐圧版工法

    建物の基礎下を掘削し、各所ジャッキが必要な位置の直下に耐圧版(鉄板)敷きます。これを反力板として油圧ジャッキを用いて建物を持ち上げ、水平調整する工法です。

  • 薬液注入工法

    薬液注入工法

    建物のに特殊な薬液を圧送し、地中の軟弱なことろや間隙の多いところへ送り込みます。これを何度も繰り返すことにやって、地盤を隆起させ、建物を持ち上げ、水平調整する工法です。

  • 土台上げ工法

    画像:土台上げ工法

    建物の基礎と土台を切り離し、建物の土台から上をジャッキを用いて持ち上げ、水平調整する工法です。

News