鋼管圧入工法

建物の基礎下を掘削し、各所鋼管が必要な位置の直下に小口径鋼管を油圧ジャッキを用いて押し込みます。継ぎ足しながら支持地盤まで到達させ、その反力を利用し建物を持ち上げ、水平調整する工法です。

特徴

居住または営業をしながら施工することが可能です。掘削を人力で行うので、狭小の状況でも施工可能です。支持地盤まで鋼管を到達させるので、再び不同沈下することを防ぎます。万が一、再沈下が起きたときのために第3者保証も対象です。

画像:鋼管圧入工法

主な作業手順

  • 準備

    資機材の搬入や場内の養生をします。

  • 準備
  • 準備
  • 掘削

    基礎下を掘削します。

  • 掘削
  • 掘削
  • 鋼管圧入

    小口径鋼管を圧入し、支持台とジャッキを設置します。

  • 鋼管圧入
  • 鋼管圧入
  • ジャッキアップ

    建物の水平を調整します。

  • ジャッキアップ
  • ジャッキアップ
  • 空隙充填

    上がった隙間や、作業通路、鋼管の先端をセメント系の充填材を打設します。

  • 空隙充填
  • 空隙充填
  • 整地

    表土は整地し、原状復旧したら完了です。

  • 整地
  • 整地